大型観葉植物

大型観葉植物を長持ちさせる方法

大型の観葉植物は、インテリアとして素敵な部屋づくりには欠かせないものとなっています。
最近では、観葉植物の持つ癒しの効果が科学的に証明されたことで、精神的にリラックスするために、大きな葉っぱを持つ鉢植えをオフィスに設置する企業も増えています。
大型の観葉植物を長持ちさせるためには、世話をするにあたっていくつかの注意点が必要です。
植物の品種に応じて、適切な量の水を与えることが最も重要になってきます。
水を毎日与えてしまったために根腐れを起こして、枯れてしまうこともあるため、最適な水分量を調べることが必要です。
水は与えすぎても、逆に少なすぎてもいけないので、専門家にアドバイスを求めることが大切になります。
また、肥料についても同様です。
一般的には、液体肥料を一年に1回から2回程度与えると、大型の植物が成長するのに十分だと考えられています。
肥料も多すぎると害になるということを肝に命じておくとよいでしょう。

大型の観葉植物はレンタルで

お店の中や、家庭でも玄関や部屋などに観葉植物があると、とても気持ちの良い空間になります。
インテリアとしても素敵ですが、植物のグリーンがあると、気分をリラックスさせる効果がありますし、植物の種類によっては湿度を調節してくれたり、空気清浄効果があるものもあります。
メリットの多い観葉植物ですが、小さいものなら良いですが、大型なものになると、管理や世話がとても大変です。
そこで、大型の植物を置きたい場合はレンタルが便利です。
レンタルすると、植物の水やりや栄養補給、痛んだ葉っぱの除去などのメンテナンンスを全てやってくれるので大きな植物でもいつもキレイにキープできます。
また、購入してしまうとずっと同じ植物を置くことになりますが、レンタルなら定期的にいろんな種類に交換してもらえますから、空間の雰囲気も変わって飽きずに楽しむことができます。
観葉植物、とくに大型のものを置きたい場合にはレンタルはメリットが多いです。